減塩するより天然塩を摂る方が健康的に痩せられる理由

eyecatch_salt 健康
この記事は約7分で読めます。
初心者さん
初心者さん

「減塩」ってカラダに良くないの?

マイスター
マイスター

「減塩」しなくても健康になることは可能です!

「減塩」よりもミネラルが撮れる「天然塩」にこだわりましょう!

この記事の要約
  1. 減塩はしなくても大丈夫!
  2. 減塩よりも重要なのは、”塩の種類”!
  3. 市販の塩はNG!摂るなら天然塩を!

減塩はカラダに良くないという真実

スーパーや薬局にの調味料コーナーに行くと、必ずと言っていいほど目にする「減塩●●!」というような商品たち。

また、テレビをつければCMで「減塩●●、出ました!」と聞かされ、私たちはいつの間にか、減塩した方が健康に良いと信じるようになっています。

2020年現在、1日の食塩摂取量は約10g程度が目標と言われており、味気ない食事を「美味しくない、美味しくない」と言いながら、食べていらっしゃる方も多いのではないでしょうか。

ちなみに、各料理に含まれる食塩の目安は以下のとおりです。

食品ごとの食塩含有目安量
食品名食塩含有目安量(g)
しょうゆラーメン5.7
かけそば4.9
焼き魚定食4.2
チャーハン3.8
幕の内弁当3.8
ハンバーグ3.5
ざるそば3.4
牛丼3.3
カレーライス3.3
ミックスサンド2.7
インスタント味噌汁2.5
ウィンナー1.9
味噌汁1.7
食パン6枚切り2枚1.6
肉まん1.1
ごはん0.0

しかし、減塩について調べてみますと、この1日の食塩摂取量10gという数値に科学的な根拠はないという報告があります。

高血圧の原因を特定することは難しいという報告があり、その理由として「食塩を摂取しても血圧が上る人と、上がらない人の両方がいる」と言われています。

食塩を摂取して、血圧が上がる体質を「食塩感受性」と呼びます。

人によって「食塩感受性」は違うため、少量で血圧が上る人もいれば、多量でも血圧が上がらない人がいるとされています。

また、1995年に東京大学の藤田敏郎教授が公表した研究では、日本人の2人に1人しか減塩する必要はないと報告しています。

もちろん、過度な塩分の摂取は避けるべきですが、気にしすぎる必要はないということです。

逆に、減塩はカラダに悪影響かも

また、減塩を控えることで健康上のリスクが高まるという研究結果もあります。

減塩することで、血液中のナトリウムが減ると、腎臓から血圧を上げるホルモンが分泌されます。

それにより、以下のような健康上のリスクが発生するとされています。

減塩による悪影響・弊害
  1. 高血圧励起
  2. 心筋梗塞危険率アップ
  3. 糖尿病悪化
  4. 交感神経緊張、代謝ダウン
  5. 免疫能力ダウン
  6. がんの危険性アップ
  7. 認知症の可能性アップ

減塩は”ミネラル不足”の原因になる

塩を控えることで1番の問題は、”ミネラル不足”になることです。

ミネラルとは、主に自然界に存在している、あるのかさえわからないほどの、微量な元素のことです。主に、以下の物質を指します。

塩に含まれるミネラルの種類とカラダへの効能
種類カラダへの効能
ナトリウム成人の体内に約100g含まれます。食塩という形で摂取されます。
ほとんどが細胞外液に含まれ、細胞外液の浸透圧を調整したり、外液量を一定にキープする働きを担っています。
その他、筋肉を正常に動かしたり、神経の情報伝達などにも関わります。
カリウム成人の体内に120g~200g含まれます。ほとんどが細胞内に存在していますが、一部分には血液や体液、骨などにも含まれます。
細胞内液の浸透圧の調整し、一定をキープする働きや、水分を保持する働きがあります。
また、ナトリウムを排出する作用を持っているので、塩分の摂りすぎを調節します。
成人の体内に3g~4gほど含まれています。
体内にある約70~75%の鉄が、血液中にある赤血球を生成するヘモグロビンの成分となり、約25~30%の鉄が肝臓などに貯蓄されます。
ヘモグロビンは、呼吸によって取り入れた酸素とくっつき、肺からカラダのすみずみまで酸素を運び届ける働きをします。
カルシウム骨と歯を作るために必要な栄養素で、ミネラルの中でも1番に多い栄養素と言われます。
カルシウムは、99%が骨と歯にあり、そして残りの1%は筋肉や血液にあります
残り1%のカルシウムで、出血を止めたり、脳や筋肉の活動など生命の維持に重要な役割を担っています。
成人の体内に約80mgが含まれています。
鉄は血液中から赤血球を生成するために必要な栄養素ですが、銅は鉄が赤血球を生成するためにサポートをする役割を担っています。
したがって、鉄が十分足りていても銅が不足していれば、赤血球をうまく生成することができません。
また、銅はカラダの中にある様々な酵素となり、活性酵素を撤去する働きがあったり、骨の形成をサポートする働きもあります。
亜鉛亜鉛は日本人に不足しがちと言われている栄養素です。カラダのありとあらゆる器官に必要なミネラルなので、できれば毎日摂取しておきたい栄養素の1つです。
味覚を正常に働かせたり、アルコールの分解、性機能の維持など幅広く働きます。
また、新たな細胞を生成する際のDNAの複製、タンパク質の合成などにも関わります。
細胞の再生に必要不可欠な成分です。
マグネシウム成人の体内に20g~28gほど含まれます。カルシウムやリンと同様に骨や歯の生成に必要な栄養素です。
マグネシウムは、神経の興奮を抑制し、エネルギーの生成をサポート、血圧の維持などの役割を担っています。
マンガン成人の体内に12mg~20mgほど含まれます。
色々な酵素の構成成分に利用されたり、酵素の活性化に役立つ栄養素の1つです。
ヨウ素甲状腺ホルモンの構成成分に利用される栄養素です。
不足すると成長障害や体力の低下など深刻な症状を引き起こします。

特に、太字になっているモノは、「必須ミネラル」と呼ばれています。

これらのミネラル群は、カラダの様々な代謝に深く関わっています。

基礎代謝、新陳代謝といった言葉で体内の化学反応すべてにおいて、ミネラルは「補酵素」そして働いてくれます。

ミネラルが不足すると代謝が弱まり、さながら特急列車が各駅停車になるようなイメージです。

そのため、ミネラル補給源の1つである、食塩を摂取をむやみやたらに減らしてはいけません

知っておきたい塩の種類

「塩」といっても、さまざまな種類があります。

塩は、原料・結晶か否か・製法などによる分類によって呼び方が変わります。

ココでは、市販されている塩の種類で最もポピュラーな2種類の塩について解説します。

塩の種類説明
精製塩原材料は海水ですが、ミネラルを取り除き、機械を使って結晶化された塩です。スーパーやコンビニなどで良く見かけます。
ミネラルを含まず、塩化ナトリウムだけなので、栄養価は一番低く、安い値段で売られています。
自然塩(天然塩)風や太陽などの自然の力を利用して海水を蒸発させ、釜などで煮詰めて結晶化させた塩のことです。
精製塩と異なり、ミネラルが豊富であることが特徴です。

塩を摂るなら天然塩がオススメ

ミネラルを補給するために、食塩を摂取しましょうと話しましたが、スーパーで売られている「ただの食塩」は辞めましょう。

ミネラルを補給するための食塩は必ず「天然塩」にこだわってください。

通常、スーパーで売られている「普通の塩」は、「精製塩」と呼ばれ、「塩化ナトリウム 99%以上」と表示されているはずです。

この精製塩がカラダに取り入れられると、万病の元とも言われる「活性酵素」が発生するとされています。

また、精製塩は99%が塩化ナトリウムのため、体内のミネラルバランスが大きく崩れます。

このミネラルバランスが崩れると、体内ではナトリウムを捨てるために、細胞からカリウムを抽出したりなど、カラダの調子が悪くなります。

ミネラルを補って、カラダを整えましょう

精製塩に対し、天然塩は塩化ナトリウムの他に、カリウムや、その他様々なミネラルを多く含んでいます。

このミネラルが、体内のバランスを保つためには非常に重要です。

天然塩を摂ることで、カラダに負担をかけることなく、自然にミネラルを摂取できます。

ちなみに、天然塩の成分や組成は、血液、病院で使用される「点滴(リンゲル液)」や、赤ちゃんがお母さんのお腹にいる際につつむ「羊水」などと、ほとんど同じです。

このことからも、天然塩は昔から現代にいたるまで、私たち人間の生活に切っても切り離せない関係にあることがわかるかと思います。

ベトナム産の天然塩販売中です!

株式会社ビラスタートでは、ベトナム産の天然塩を販売中です!

ベトナムで取られている天然塩は、海水から作られた100%自然物です!

ご興味のある方は↓こちら↓よりお問い合わせくださいませ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました